通信関連技術の発展とITを利用した温度管理

少子高齢化が進んでいく国内では、作業工程の自動化が急ピッチで進められています。

このような環境変化は生産現場や工場で行われているので普段の生活で目にする機会はまだ少ないので実感を伴うまでには至っていない状況であると思われます。しかし人件費の高騰と生産人口の減少によってその変化は着実に進行していっています。自動管理の進んでいる分野としてはITによる通信関連技術を応用することで温度管理を自動ですることです。農業や医療あるいは工場といった様々な温度管理を必要とする場所で既に実用化されていて人が介すること無く適切に調節されています。

ITを駆使した自動温度調節は、農業分野ではビニールハウスや温室などの施設栽培で広く取り入れられていて、消費する電力もかなり少なくコストパフォーマンスに優れた運用がされていて充分採算に乗ることも可能になっています。通信関連での消費電力を抑えることのメリットは、例えば温度を検知するITセンサーが電池駆動であるならば、電池が切れるまでは放っておけるのでそれだけ人が関わることが少なくなるので人件費が抑えられるということになります。大規模な総合病院でも自動温度調節の導入は進んでいます。

院内で高齢者の方が熱中症で亡くなるというニュースが過去にありました。病室が多ければそれだけ温度管理の調節には手間が必要となってきます。それぞれの病室で温度が微妙に変化してくるということも起こりえます。そのような場合にいちいち人が調節に対応しているようでは効率が悪すぎるので通信関連を整えて自動で調節するのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です