温度管理の現場はITによる通信関連機器が導入

世界で出荷されているセンサーのうち約半数が温度センサーだという通信関連の資料があります。

実際総合病院ではIT技術を活用した温度管理がされています。現場ではすでにIOTの活用が進んでいるのです。現代社会では、様々な用途をもって温度を適正に管理しなければならない環境があります。2014年の統計資料ではセンサーの世界出荷高は、約251億個に上っておりその半数が温度センサーだということです。例えば、病院はもちろんですが、スーパーの食品売り場でも、食中毒の原因となる細菌が繁殖することを防ぐために温度センサーが使われています。通信関連機器の先進化は、IT技術による温度調節を可能にしました。

すべての機器はIOTの導入でコンピューター管理ができるようになりました。食材の流通過程にもIOTは使われており、メーカーや問屋の保管する冷凍冷蔵倉庫や食材を運送する冷蔵・冷凍トラックにも温度管理ができるIT技術が導入されています。通信関連の装置には、IOTの搭載されたコンピューター自動管理が当たり前になっているのです。

衛生管理は、温度管理から始まると言われており現場における温度センサーの導入が様々な用途に使われてきています。ますます、ITが温度を察知して具体的指示を出す時代がすでにやってきているのです。多様な温度センサーが施設に点在していることを意識しなければいけません。病院などの施設では、突然の温度変化を招くわけにはいきませんから、温度センサーが適切に稼働することを要するのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です